副腎疲労とは

『副腎とは?』

副腎は左右の腎臓の上にあるホルモンを分泌する小さな臓器です。

副腎の役割は先程述べた日常生活でお悩みの様々な症状を出している原因である❗️『ストレス』❗️に対応してくれるホルモン(コルチゾール)を出す臓器です。

『副腎の作用』

1.主にストレスから体を守ってくれる
2.精巣や卵巣から出る性ホルモンの補助をする
3.血糖値、血圧をあげる
4.過剰な免疫から体を守る
5.生命の維持に必要不可欠な様々なホルモンを分泌している大切な場所です。

『 ではストレスを受け続けると身体はどうなるのか?』

ストレスには精神的ストレスだけではなく、

  • 仕事
  • 家庭
  • 人間関係
  • 過度の労働
  • 食生活の不摂生
  • 持病や感染症
  • 気温の変化

など、体内で悪影響を及ぼす恐れのあるもの全てが含まれます。

ストレスが身体に持続的にかかると、ストレスと戦うホルモン(コルチゾール)が副腎から過剰に分泌される状態が続き、副腎が疲れてしまう状態に!!すると必要な時に適量のホルモンを分泌できなくなってしまい様々な症状

(体の重だるさ、疲労感、肩こり、肩甲骨周囲のコリ、腰痛、不眠症、生理痛などの婦人科症状)

美容のお悩みが現れたり、持病やもともと身体にある症状が、悪化したり重大な疾患になってしまうのです。

つまり身体が『ストレス』によってコントロールする事ができなくなった結果

・首、肩、腰などの痛みが出たり、
アレルギー症状を引き起こしたり、
・上記で説明したように性ホルモンの分泌補助ができずホルモンバランスが乱れ、生理不順月経前症候群更年期障害美容のお悩みと言った婦人科症状が現れたり、
・精神に影響し、やる気が出ない常に疲労感がある睡眠不足首肩や背中が張る免疫力が下がり風邪をひいてしまったりするのです。

これが副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)です。

『なぜ鍼灸治療なのか?』


それは、上記に記載した様な症状で診察を受けても検査結果に異常と出ず『原因不明』
でも明らかに体はしんどいし弱っていて健康とは言えない。

この様な状態を東洋医学では、『未病治』と言われています。

未病治とは病気ではないけど、健康的な身体ではない状態です。

鍼灸治療はこの『未病治』の症状に対して効果を発揮でき心身ともにリラックスしていただける治療法です。

『当院の鍼灸治療を受ける事でどの様に身体が変われるのか?』

当院は東洋医学の知識と西洋医学の知識を融合させた鍼灸治療で!!人間が元々持っている治そうとする力(自然治癒力)を最大限に引き出し、発揮させる鍼灸治療をベースにみなさんのお困りの症状を改善していきます。
また数ある治療法の中でも、上記でも解説した『副腎』に直接アプローチする事が可能なツボを組み合わせた『副腎治療法』を軸に症状に合わせた様々な治療法を組み合わせ!原因を出している体質を根本から改善していくことで次の様な日常生活を手に入れられております。

☆仕事や家事にやる気が出てきた。
☆朝起きる時スッキリ目覚める事ができた。
☆睡眠の質が良くなって以前より疲れにくくなった。
☆休日を趣味に費やす時間が増えた。
☆生理不順、月経前症候群、更年期障害が緩和された。
☆慢性的に辛かった肩こり、腰痛、背中の張りや痛みが気にならなくなった。
☆アレルギーが出にくい体質になった
☆無駄に薬を服用しなくても良くなったなどの症状が改善されていきます。

皆様が毎日を1番良い状態(美しく、健康的な身体)で過ごしていただけるお手伝いをさせていただきます。
上記で述べたお悩みが、1つでも当てはまると思う方は、1人で悩まずに1度当院にご相談下さい。

タイトルとURLをコピーしました